返済

お金を借りる理由

お金を借りる場合は必ず理由が存在します。理由もなくお金を借りる人は、余程のことがないかぎり居ないはずです。金融業者からお金を借りるという行為は、いわば自己の将来所得先取りと言い換えることも可能です。

消費者金融でお金を借りる理由については、以下のような統計があります。

  1. 物品の購入
  2. レジャー資金
  3. 生活費への補填
  4. 他の金融業者への支払い

一番多い借入理由は、物品の購入とレジャー資金です。今や消費者金融の利用者の半数近くが20代の若者となっていますので、そういった若者たちが将来所得の先取りをして、車の購入や海外旅行の資金などに費やしているのです。

ただ、こういった若者たちは過去の金融業者の悪行行為(高利貸し、過酷な取り立て)を体現していませんので、軽い気持ちでキャッシングをしているのも事実でしょう。

かつては、消費者金融でお金を借りるためには駅前の店舗に出向いた上で、審査をする人間と対面審査を受けなくてはなりませんでしたが、今ではスマホで簡単に申し込みが出来るというのも、若者に借金をさせている要因の一つです。

0

返済が苦しくなったら

お金を借りることを繰り返していれば、いずれは返済が苦しくなってきます。ある時点で歯止めをかけなくては、多重債務がかさんできて、最終的には自己破産へと進んでいくことは間違いありません。歯止めをかけるには、まずお金を使っている行為を止めることです。

もしも、恋人とのデータなどで使っているのなら、事情を話して別れることです。どうせ自己破産になって別れるのなら、早いほうがいいです。また、他社への支払いのための借入をしているのなら、それも時間の無駄です。

時間の先延ばしをして借金を膨らませているだけですから、一刻も早くストップして債務整理を考えたほうがいいでしょう。

もしもまだ返済が出来る余地があるのなら、生活の一切の無駄を省いて、すべて借金に充当する生活をすべきです。一円でも多く元金に充当して、元金を減らす努力をしなければなりません。

借入件数が4件あるのなら、一件ずつ確実に借入を減らしていけば、必ず公明が見えてきます。信用が高まってくれば、低金利のおまとめローンで借りれますので、債務を一本化することが可能です。

返済方法について