時効

借金の消滅時効

犯罪などにも時効があるように、借金についても時効があります。借りたのが個人の場合、借金の消滅時効は10年となります。また、貸したのが会社である場合、商法の適用が入りますので、5年で消滅時効の成立となります。

消滅時効の起算点については、借入の返済時期からとなりますが、返済時期の後に元本や金利の一部を返済している場合は、最終的に返済をした日の翌日からあらためて起算することとなります。

消費者金融から多額の借入をした上で、夜逃げをしている多重債務者や会社経営者にとれば、消滅時効の存在は一つの希望ともいえる制度に見えます。

0

消滅時効の中断

しかし消滅時効成立後であっても、消費者金融から請求を受けて一円でもそこで支払ってしまえば、そこで消滅時効は中断してしまい、その翌日からまた消滅時効が進行することとなります。

また、消滅時効が成立した後であっても、金融業者側が訴訟提起してきた場合、お金を借りた側が裁判所に出頭して消滅時効が成立したことを主張しなければ、裁判所は消滅時効が成立していることを理由に、金融業者の請求を棄却することが出来ないこととなっています。

したがって、消滅時効が成立したからといって安心せずに、もしも金融業者側から提訴された場合は必ず裁判所に出頭して自ら消滅時効の主張をしなければなりません。

また、時効成立後に金融業者側から厳しい取り立て行為を受けたとしても、一円たりとも支払ってはなりません。